賃貸物件の契約や運営・売買の基礎と賃貸探しの時期に関する情報サイト

新居や仮住まいとしての賃貸物件の選び方や適切な時期

居住に適した賃貸物件の探し方

居住を目的に賃貸物件を選ぶ場合には、何らかの基準や条件を設けておいた方が、物件探しがスムーズになるはずです。

そこでいくつかの要点を提示してみます。
最初の要点は、賃貸物件の「質」の確認で、部屋全体の防音性や壁紙のカビの有無のチェック、バスルームやトイレといった水回りの点検といった、部屋の基礎部分の確認で、特に防音性や水回りはしっかりと確認しておかなければなりません。

続いては、備え付けの家具やコンセント(家電は関東と関西でワット数が異なる)との所持品の相性などが考えられ、いずれも入居前に内見等で確認しておきたい点です。

最後は最も重要な賃貸料金ですが、余程予算に余裕がある場合を除いては、自身で捻出可能な金額と釣り合いが取れた賃貸料の範囲から物件を探した方が、家賃の未払いといった問題発生の抑止につながります。

居住用賃貸物件を探すのに適した時期

同条件の賃貸物件であれば、少しでも安く済ませたいのが人情です。
そこで、賃貸物件を探す上で最適な契約時期について考えてみます。

まず、移動や転勤といった転入居の多い九月から翌四月は、賃貸物件を取り扱う業界にとって最盛期であり、物件取扱い数が多い一方で、賃貸料や敷金・礼金が高めに設定されているため、低予算で賃貸物件を借りたい場合には、最も賃貸契約を避けるべき時期です。

反対に五月から八月は、賃貸物件業界における閑散期に当たり、物件の取扱い数が減少するものの、賃貸契約の際に賃貸料や敷金・礼金の値段交渉の余地が生じるなど、低予算で賃貸契約を結ぶことを優先するのであれば、積極的に賃貸契約を狙うべきお得な時期となります。


この記事をシェアする