賃貸物件の契約や運営・売買の基礎と賃貸探しの時期に関する情報サイト

経営を目的とした賃貸物件探しと売買の時期的ポイント

経営を目的で賃貸物件を探す時期を考える

一般的に一月から四月にかけては、新生活のための入居や転居が多いことから、賃貸物件の需要に応じて取り扱われる賃貸物件数と賃貸契約数が最多で、貸手側にとって賃貸契約を結ぶ上で適した時期です。

同時に、ある程度資金繰りに余裕がある賃貸経営者であれば別ですが、この時期を逃すと賃貸需要が落ち込むため、資金繰りに余裕が無い賃貸経営者にとっては一件でも多くの契約を結びたい時期でもあります。

賃貸経営には賃貸物件が必要である以上、新築物件を賃貸するのであれば、新築物件を購入ないし建築しなければなりませんし、中古の物件を賃貸するのであれば、リフォームが必要となります。

そのため、経営を目的に賃貸物件を探すのであれば、ピークに当たる一月から四月では遅すぎます。
一月から四月に賃貸物件が賃貸契約可能になるように、時期を見据えて賃貸物件を探すべきなのです。

売買を目的とした物件探しの時期の見極め

物件の売買や賃貸契約の成立が最も活発な時期は一月から四月であり、賃貸売買の視点で考えれば、賃貸物件を売買する最大のチャンスであると考えられ、賃貸需要が高いことから売買目的で賃貸物件を探す側にとって、稼ぎ時であると共に選択肢が多い時期でもあります。

つまり、一月から四月にかけては、賃貸需要の高さから多様な賃貸物件を探しやすいものの価格が高騰しやすい時期であり、五月から八月にかけては賃貸需要の低下によって、比較的安価な賃貸探しに適した時期であると言えるのです。

以上の点を踏まえれば、売買を目的とした賃貸物件探しに適した時期は、翌年への備えから賃貸物件の価格が上昇を始める九月以前の五月から八月となりますが、賃貸物件のバリエーションを考慮した場合は価格以外の要素が絡むため、その限りではありません。


この記事をシェアする